So-net無料ブログ作成
検索選択

引き寄せの法則を考える ② [日記]

心の状態いかんで、人は幸せにも不幸せにも感じるという前回の記事でしたが

これを踏まえて

「思い込む」

ことの重要性を考えたいと思います。


わかりやすい例え話を聞いたことがあります。

よく女の人が

「私、男運ないんだよね~、付き合う人がことごとく浮気して、長続きしないんだ」

この女の人は、完全にこう思い込んで、言葉として発しています。

間違いなく、次に出会い、付き合う男性も同じような人です。


これと同じことを、私たちは様々な場面であまり意識することなく、してしまっています。


「引き寄せの法則」とは

自分が強く思い込むことが、現実化する

ということですから

上の女の人は、そうゆう男性を引き寄せて、現実になってしまい

また男運がない、と嘆いてしまうのです。

まさに負のスパイラル


ということは

自分が、なりたい未来、叶えたい未来をイメージして

さらに言葉にして出すという作業を実践することで

それを現実のものとしていける、という事です。

もちろん、叶えたい未来に対して、具体的に行動(努力)することが必要です。

私は

努力は必ず報われる

このことば自体を否定するつもりはありませんが

これだけでは不十分だと思います。

やはりどこまでも、自分がこうなりたいと思う未来を強くイメージすることが

行動(努力)との相乗効果で、現実のものとなると思います。

そして、「自分は幸福だ」と常に思い込む事。

さらに、「どんな事にも感謝する心を持つ」こと。


最後に、有名な心理学者リチャード・ワイズマン氏の著作「運のいい人の法則」

の中に

「幸福な人々は、人生において新しい体験を進んで受け入れる。
(中略)
彼らは慣習に縛られることが少なく、予想外の事を好む」

という事が書かれています。

幸運というのは、偶然ではないということです。

強く思い込む事で、幸運という現実を引き寄せているのですね。



スポンサーリンク



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。